終わりよければ全てよし。

プロ野球は日本シリーズも終わって今年のシーズンもすべて終了しました。

日本シリーズ第五戦、王手をかけた中日は完全試合目前の山井投手から9回に岩瀬投手を登板させ、見事日本一に。

この落合采配については、まさに賛否両論色々な意見がありますね。僕も色々な人から意見を聞きました。
そして僕の考えとしては・・・、「良いのか悪いのかは解らないけど、勝ったから仕方ない。」というものです。
ハッキリしなくてすいません・・。

滅多に見ることが出来ない完全試合、しかも日本一決定の試合。その瞬間をファンから奪ったという意見も正解だと思うし、日本一になるために最善の作戦だと言うのも正解だと思います。
そして何よりも中日は日本一になったのですから、「勝てば官軍」なのではないでしょうか。

しかし53年ぶりの日本一と喜ぶ中日ですが、セリーグでは2位なんですよね。


すべて終わってみて思うのは、とにかく最後に勝ったチームが一番。ということです。

今、優勝した巨人より中日のほうがイメージ的に上ですもんね。
これでなんとなくクライマックスシリーズを含めた位置関係が解ってきた気がしました。
[PR]

# by s-view | 2007-11-04 01:17 | プロ野球

ヒルマンの人間性

日本ハムのトレイ・ヒルマン監督がカンザスシティーでロイヤルズ監督就任会見を行った。

「日本の野球はメジャーに一つも劣らない。」
「日本ハムは私の誇り。」
などと日本向けのリップサービスもあったようだが、このタイミングに就任会見とは、いかがなものだろうか。

このタイミングとはもちろん、日本プロ野球界最高峰の日本シリーズを4日後に控えていたタイミングという意味である。
クライマックスという中途半端なシステムのお陰で日本シリーズの価値は下がってしまったのかしれないが、それでも1年を締めくくる、日本では特別な戦いのはずである。
その直前にチームをほったらかしてアメリカに帰国し、来年の監督就任会見とは・・・。
日程の調整で仕方なかったのだろうか。

しかし、その会見そのものより私が違和感を抱いたのは、ヒルマンが笑顔でロイヤルズのユニフォームに袖を通していたことである。

あなたはまだ日本ハムファイターズの監督ではないんですか?

まず日本人監督ではこのタイミングでは考えられない光景だと思う。

日本の野球は素晴らしいとか口では言っておきながら、自らのその行動が一番日本野球界を蔑んでいるのではないだろうか。

そしてヒルマンはロイヤルズのユニフォーム姿でこう言って会見を締めくくったそうだ。
「すでに私の体にはロイヤル・ブルーの血が流れている」

これは私が大好きなフレーズだ。
実際に私も「僕の体にはレボリューション・ホークスイエローの血が・・・」という言葉を何度も口にした。ホークスを本当に愛していると自信があるから使えるフレーズ。私はそう思う。
それをまだ他のチームの監督が軽々しく口にするとは・・・。

このフレーズを軽々しく言ってしまう人間性の監督が、また日本ハムのユニフォームで腰掛程度に日本シリーズを戦う。

私は今年の日本シリーズは野球ファンとして純粋に楽しもうと思ってきたが、絶対に中日ドラゴンズに勝ってほしくなった。もちろん圧勝で。

それがロイヤルブルーの血が流れるヒルマンに蔑まれた日本球界にとって最善のことであり、日本プロ野球の素晴らしさを解ってもらう方法だと思うから。
[PR]

# by s-view | 2007-10-24 22:57 | プロ野球

CS初年度が終わって

クライマックスシリーズ、セリーグは中日が巨人を下し2年連続の日本シリーズの切符を手にした。

世の中とはつくづく上手く行かないものだと思う。

僕の偏見も入っているかもしれないが、このクライマックス導入に関してずっと見てきて、巨人渡辺会長、オリックス宮内オーナーの「レギュラーシーズンで勝てなくとも、どうにか日本シリーズに行きたい」という幼稚な思いから生まれた、捻じ曲がったプレーオフ制度という気が当初からしてならなかった。まぁそれだけではないと思うが、的外れでもないと思う。

それは巨人のバックに控えるテレビ局も思惑は一緒であり、今年からプレーオフ制スタート。
しかし秋にクライマックスを控え、レギュラーシーズンへの興味は半減。
結果、巨人戦のテレビ視聴率は伸びず。
優勝の瞬間を生中継出来ないという前代未聞の状態になってしまった。

それどころか優勝はしたものの、クライマックスに完敗。日本シリーズは行けないという結果になり、その敗戦は優勝時とうって変わって全国に生中継されることとなった。

巨人の思惑の裏へ裏へと向かってしまった初年度のクライマックスシリーズだったように思う。

さて来年・・・。

まさかいきなり廃止というほどナベツネさんも自分勝手ではないと思うが、なんらかの修正は言い出してくると思う。

過去にホークスファンが味わった悔しさを、今ナベツネさんは味わっているだろうか。
[PR]

# by s-view | 2007-10-21 00:27 | プロ野球