<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヒルマンの人間性

日本ハムのトレイ・ヒルマン監督がカンザスシティーでロイヤルズ監督就任会見を行った。

「日本の野球はメジャーに一つも劣らない。」
「日本ハムは私の誇り。」
などと日本向けのリップサービスもあったようだが、このタイミングに就任会見とは、いかがなものだろうか。

このタイミングとはもちろん、日本プロ野球界最高峰の日本シリーズを4日後に控えていたタイミングという意味である。
クライマックスという中途半端なシステムのお陰で日本シリーズの価値は下がってしまったのかしれないが、それでも1年を締めくくる、日本では特別な戦いのはずである。
その直前にチームをほったらかしてアメリカに帰国し、来年の監督就任会見とは・・・。
日程の調整で仕方なかったのだろうか。

しかし、その会見そのものより私が違和感を抱いたのは、ヒルマンが笑顔でロイヤルズのユニフォームに袖を通していたことである。

あなたはまだ日本ハムファイターズの監督ではないんですか?

まず日本人監督ではこのタイミングでは考えられない光景だと思う。

日本の野球は素晴らしいとか口では言っておきながら、自らのその行動が一番日本野球界を蔑んでいるのではないだろうか。

そしてヒルマンはロイヤルズのユニフォーム姿でこう言って会見を締めくくったそうだ。
「すでに私の体にはロイヤル・ブルーの血が流れている」

これは私が大好きなフレーズだ。
実際に私も「僕の体にはレボリューション・ホークスイエローの血が・・・」という言葉を何度も口にした。ホークスを本当に愛していると自信があるから使えるフレーズ。私はそう思う。
それをまだ他のチームの監督が軽々しく口にするとは・・・。

このフレーズを軽々しく言ってしまう人間性の監督が、また日本ハムのユニフォームで腰掛程度に日本シリーズを戦う。

私は今年の日本シリーズは野球ファンとして純粋に楽しもうと思ってきたが、絶対に中日ドラゴンズに勝ってほしくなった。もちろん圧勝で。

それがロイヤルブルーの血が流れるヒルマンに蔑まれた日本球界にとって最善のことであり、日本プロ野球の素晴らしさを解ってもらう方法だと思うから。
[PR]

by s-view | 2007-10-24 22:57 | プロ野球

CS初年度が終わって

クライマックスシリーズ、セリーグは中日が巨人を下し2年連続の日本シリーズの切符を手にした。

世の中とはつくづく上手く行かないものだと思う。

僕の偏見も入っているかもしれないが、このクライマックス導入に関してずっと見てきて、巨人渡辺会長、オリックス宮内オーナーの「レギュラーシーズンで勝てなくとも、どうにか日本シリーズに行きたい」という幼稚な思いから生まれた、捻じ曲がったプレーオフ制度という気が当初からしてならなかった。まぁそれだけではないと思うが、的外れでもないと思う。

それは巨人のバックに控えるテレビ局も思惑は一緒であり、今年からプレーオフ制スタート。
しかし秋にクライマックスを控え、レギュラーシーズンへの興味は半減。
結果、巨人戦のテレビ視聴率は伸びず。
優勝の瞬間を生中継出来ないという前代未聞の状態になってしまった。

それどころか優勝はしたものの、クライマックスに完敗。日本シリーズは行けないという結果になり、その敗戦は優勝時とうって変わって全国に生中継されることとなった。

巨人の思惑の裏へ裏へと向かってしまった初年度のクライマックスシリーズだったように思う。

さて来年・・・。

まさかいきなり廃止というほどナベツネさんも自分勝手ではないと思うが、なんらかの修正は言い出してくると思う。

過去にホークスファンが味わった悔しさを、今ナベツネさんは味わっているだろうか。
[PR]

by s-view | 2007-10-21 00:27 | プロ野球

そしてまた予約キャンセル

今日、27・28日に予約しておいた福岡のホテルの予約をキャンセルしました。

福岡に行く用事がなくなったからです。
なくなった用事とは、もちろん鷹の日本シリーズ応援。

もう今年で秋に福岡のホテルをキャンセルするのは何回目でしょう・・。
例年よりも少し早く来た秋は、とっても寂しいキャンセルの作業で始まりました。

思えば1999年にホークスが優勝して、以来毎年のように9月の終わりはホテルの予約やらヤフードームの試合チケット獲りなど忙しかった。
特に99年は盆と正月が一緒に来るとはこんなことだと思えるほど熱い時間を過ごした思い出があります。

2006年以降は優勝できず、悲しい季節だけど熱い季節でした。

毎年毎年、こんなに秋の入り口まで楽しませてくれてるホークスには感謝感謝ですよ。本当に。

しかし今年のホークスの戦いぶりを見ていて・・・。
チームの過渡期を感じずにはいられません。

来年はどんな秋になるのかなぁ・・・。
またいつかのような熱い時間を過ごせるように願っています。
[PR]

by s-view | 2007-10-14 00:19 | 福岡ソフトバンクホークス

終戦

今年も志し半ばで鷹のシーズンが終了しました。

はっきり言って今年は弱かった。
完全な力負けです。ケガとか関係ありません。
チームとしての力はロッテ日ハムよりそうとう下です。

ペナントで惨敗し、監督を胴上げする最後のチャンスと臨んだクライマックスもロッテに力の差を見せ付けられての敗戦。

もう2003年のモンスターチームの幻想はチームもファンも捨てなければいけないのかもしれませんね。自分たちが弱いということを自覚し来シーズンは頑張って欲しいです。

ホークスの選手、コーチ、王監督、そしてファンのみなさん、お疲れさまでした。
また来年お会いしましょう。


今年の秋は長くなりそうです。
[PR]

by s-view | 2007-10-10 21:29 | 福岡ソフトバンクホークス

行ってきます!!

明日、CS第一ステージの行われる千葉マリンに行ってきます。

もちろん、鷹の力になるために。

ペナントレースでは残念な結果だったけど、まだ監督の胴上げのチャンスは残ってる。
そして、これは全国の鷹のぼせが絶対忘れてはいけない「あの日」の借りを返す戦い。

今年も和巳から始まるこの戦い。
想いを込めて鷹の後押ししてきます!!

「WE=HAWKS」
[PR]

by s-view | 2007-10-07 23:58 | 福岡ソフトバンクホークス