<   2004年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

トップリーグよ、もっとアピールを!!

b0050708_2334128.jpg今日ラグビートップリーグの東芝府中が初優勝を決め、リーグ第2代目の王者に輝いた。



26日は首位の東芝府中と2位ヤマハ発動機の大一番。
そして直接対決で勝った東芝府中が優勝を決めるという劇的な試合。

なのに・・・。

あまりにもマスコミの注目が少ない。

今日の夕方のニュースはこの話題は放送しないで高校ラグビーの話題を放送しているテレビ局さえあった。

大学ラグビーはもちろん、高校ラグビーよりも話題にならないトップリーグって・・・。
しかも今日は年に一度と言っていいほどの大一番。

なぜこんなに扱いが小さいの?これは決してマスコミが悪いんじゃない。

アピールがトップリーグに無さ過ぎる。
見せる意識がトップリーグに無さ過ぎる。

もう昔のような社会人じゃない。

本当のプロリーグを目指すなら、個々のチームもリーグも、もっとプロ野球やJリーグを見習って勉強しましょうよ。
お客が入らないのは不景気だから?そんなのいいわけですよ。

魅力あるチーム、リーグを作れば絶対ファンは競技場に足を運びます、マスコミは大きく報道します。

ラグビーって面白いスポーツですよ。
僕もジュビロ応援しています。
絶対野球やサッカーに負けないサポーターが付きますよ。

トップリーグよ、もっとアピールを!!
[PR]

by s-view | 2004-12-26 23:37 | スポーツ

ありがとう福岡ダイエーホークス

明日12月24日にソフトバンクのホークスが誕生する。

今日は福岡ダイエーホークスの最後の夜。
その最後の夜も、もうすぐ終わります。

「別に福岡のホークスのままじゃないか。」
「財力のある企業に買ってもらって良かった。」
という思いが僕にはある。

しかし・・・。


思い返せば、僕は色々なことをダイエーホークスに貰った。

福岡という街の素晴らしさ。
優勝という喜び。
そして、ホークスを通じて知り合えた友達。

全てダイエーホークスがくれた大切な僕の宝物。


長い間ありがとう。
僕の20代をともに歩いてくれてありがとう。


僕はいつまでも忘れることはありません。

ありがとう福岡ダイエーホークス。
さようなら福岡ダイエーホークス。
[PR]

by s-view | 2004-12-23 23:59 | 福岡ダイエーホークス

この週末は。

この週末は日本のサッカー界にとって特別な週末だった。

土曜日、11日には最後のJリーグチャンピオンシップが、
そして日曜日、12日にはこれも最後となるトヨタカップが行われた。

不思議な巡り合わせというべきか、どちらも一進一退の攻防の末、延長戦に突入。
そしてどちらも延長戦では決着つかず、PK戦にまでもつれ込む熱戦となった。


Jのチャンピオンシップは、来シーズンから年間1シーズン制となるため姿を消し、
トヨタカップは世界クラブ選手権として生まれ変わる。

 どちらも、その輝かしい歴史に幕を閉じ、その役目を終える。
僕達はトヨタカップで、まだ遠い存在だった世界の最高峰のサッカーに触れ、
Jリーグのチャンピオンシップで、自分達の街のチームを応援した。

今週末、この様々な思い出がつまった大会が立て続けに終わりを迎えたことは非常に残念だ。しかしまた、新たな感動のコンテンツとして、生まれ変わった姿を見せてくれることを祈っている。
[PR]

by s-view | 2004-12-13 23:33 | スポーツ

赤いスタジアム

b0050708_19321349.jpg

チャンピオンシップ第二戦の会場、埼玉スタジアムに来ています。
赤く染まったスタジアムが壮観です。この後どんなドラマが起こるのか、とても楽しみです!
[PR]

by s-view | 2004-12-11 19:32 | 携帯で現場から

チャンピオンシップ現場より。

b0050708_17533054.jpg

さぁ~、やってきましたチャンピオンシップ。
レッズもマリノスも悔いのない戦いをしてほしいです。今のスタジアムは嵐の前の静けさと言ったカンジ。
あと一時間もすれば、熱狂のスタジアムになるんですよね~。
[PR]

by s-view | 2004-12-05 17:53 | 携帯で現場から

武蔵について思う

4日、東京ドームで行われたK-1ワールドGP決勝大会は、前年度覇者レミー・ボンヤスキーが前年度準優勝の武蔵に再延長戦の末、判定勝ち。二年連続優勝を果たした。


毎年この12月の決勝大会が終わった後、自分のHP上で「武蔵は今年もダメだった。」というようなことを僕は書いてきた。
昨年の準優勝した時も、「作られた日本人エースだ」と言うような事を書いていたと思う。


結果から言えば、今年も準優勝したものの一回戦から決勝まで、すべて判定での決着。
自国有利のホームタウンデシジョン的な部分もあったかもしれない。


しかし、なぜだろう・・。

今年は一回戦からずっと、気持ちの中で武蔵を応援していた。
アグレッシブに前に出て行く姿勢が去年までと違う感覚を僕に作らせたのだろうか。

また優勝出来なかったと言う人がいるかもしれないけど、二年連続のファイナリスト、素晴らしい成績だと思う。

去年までの武蔵に対する、僕の厳しい意見は期待の表れだったのか・・。自分でも解らない。


とにかく・・、今年の武蔵は良かったと思う。

頑張ったと思う。

そしてまた来年・・・。


スポーツの素晴らしい点、それは一つの物語の終わりが次の物語の始まりとなっていることだと思う。

K-1戦士武蔵の壮大な大河ドラマは、まだまだ終わらない。
[PR]

by s-view | 2004-12-04 11:16 | 格闘技