カテゴリ:格闘技( 7 )

「プロレスラー」風香、復帰によせて

アイドルレスラー風香が約2ヶ月ぶりにリングに復帰した。

風香は今年3月21日、浜田文子との対戦以来、心と体のバランスを崩し、
これまで約2カ月間休養していた。
簡単に言えば、文子にリング上で潰されて休んでいた。

風香の存在は今のブロレス界でとても貴重だと思う。
ルックスもよく、バラエティー番組にもたびたび顔を出す人気者。

元気のないプロレス界、特に女子プロ界にはなくてはならない存在だ。
僕も栗原あゆみと風香は大好きです。
そんな風香の復帰だけに喜ばしいことなのだけど・・・。

3月21日の試合後、「もうやりたくない、レガース無しで蹴るのはあかん」
とか泣き言をベラベラとマスコミとファンに言ったのはよくなかった。
はっきり言って甘えてる。

対戦相手の浜田文子の「技が受けきれないなら辞めてしまえ」
という言葉が厳しいが正しいと思う。

現在、風香は総合の道場で練習しているらしいけど、
自分がプロレスラーだということを思い出してほしい。
レガース無しで蹴られるのがイヤなら、すぐに総合に転向するべきだ。
プロレスラーはレガースなんてあっても無くても関係ない。

総合の道場で攻撃ばかり練習しても、
受けの凄さを魅せるプロレスのリングでどれだけ反映されるんだろう。

ファンだからこその苦言です。
ガンバレ風香!!
[PR]

by s-view | 2007-05-19 10:13 | 格闘技

たしかにそう思うけど・・・。

Excite エキサイト : 朝青龍のけたぐり「品格にかける」…横審が小言

僕もたしかにそう思います。

横綱はただの一番強いチャンピオンというだけの立場ではないですから。

強ければ、勝てればいいわけではないですから。

相撲界では「神」とさえ言われるのが横綱ですから。

取り組み直前のしぐさも変です。

これは日本の国技大相撲であってモンゴル相撲ではない。

異種格闘技戦ではなく、純然たる大相撲なのです。

はっきり言って僕は朝青龍は嫌いです。

しかし。

彼は力を鼓舞することで横綱の凄さを現している。

実際今場所、というか最近は誰も彼を止めることができない。

横綱の品格とか、彼に求めるのは無理です。

その部分はもう諦めたほうがいいと思います。

そんな朝青龍を力で凌駕できる日本人力士がいないことのほうが
問題じゃないですかね。

朝青龍に小言を言う前にそんな情けない他の上位力士を叱咤激励してほしいですね。
[PR]

by s-view | 2006-11-27 22:29 | 格闘技

まぁ・・・、アリっちゃ、アリ


先週ぐらいから、知り合いや同僚などからよくされる質問がある。

「今度さぁ、和泉元彌がプロレスやるんだってね。大丈夫なの?
って言うか、プロレスってやっぱり八百長なんだねぇ。」

そんな時の僕の答えは
「まぁプロレスって一言で言っても色々な種類があって、
今度和泉元彌が出場するのは
一番エンターテイメント性が強い団体で・・・。」

しかしここまでくると、もう八百長とかどうでもいいでしょう。
いちいち茶番だとか目くじら立てなくても。

漫才聞いてて、本気で相方に対して怒ってると思う人もいないでしょ?
単純に目の前で起こってるシュチエーションを楽しみましょうよ。

これでプロレスラーが(プロレスラーと名乗る人)が
バリパリのガチンコ総合格闘技とか、立ち技系の格闘技の試合で
勝つと説得力も出るしカッコイイんだけどなぁ。

まぁ、結局はモハメド・アリや極真空手の最強外人と互角に戦い、
ジャニーズの滝沢くんとも互角に戦っちゃうアントニオ猪木は
なんだかんだ言っても偉大だったと言う事でしょうね。


Excite エキサイト : 能楽協会「ハッスル元彌」と勝負せず
[PR]

by s-view | 2005-11-06 00:37 | 格闘技

武蔵について思う

4日、東京ドームで行われたK-1ワールドGP決勝大会は、前年度覇者レミー・ボンヤスキーが前年度準優勝の武蔵に再延長戦の末、判定勝ち。二年連続優勝を果たした。


毎年この12月の決勝大会が終わった後、自分のHP上で「武蔵は今年もダメだった。」というようなことを僕は書いてきた。
昨年の準優勝した時も、「作られた日本人エースだ」と言うような事を書いていたと思う。


結果から言えば、今年も準優勝したものの一回戦から決勝まで、すべて判定での決着。
自国有利のホームタウンデシジョン的な部分もあったかもしれない。


しかし、なぜだろう・・。

今年は一回戦からずっと、気持ちの中で武蔵を応援していた。
アグレッシブに前に出て行く姿勢が去年までと違う感覚を僕に作らせたのだろうか。

また優勝出来なかったと言う人がいるかもしれないけど、二年連続のファイナリスト、素晴らしい成績だと思う。

去年までの武蔵に対する、僕の厳しい意見は期待の表れだったのか・・。自分でも解らない。


とにかく・・、今年の武蔵は良かったと思う。

頑張ったと思う。

そしてまた来年・・・。


スポーツの素晴らしい点、それは一つの物語の終わりが次の物語の始まりとなっていることだと思う。

K-1戦士武蔵の壮大な大河ドラマは、まだまだ終わらない。
[PR]

by s-view | 2004-12-04 11:16 | 格闘技

ボビー、ベルナルドと大晦日対戦

「さんまのからくりTV」のボビー・オロゴンが大晦日、「K-1 Dynamite!」に出場。K-1ヘビー級の雄、マイク・ベルナルドと対戦することが発表された。

しかし、いきなりベルナルドですか・・。

まぁ、ここ最近はトップ争いから一歩遅れているカンジのベルナルドですけど、なんだかんだ言っても「あの」ベルナルド。

大丈夫か?ボビー。

ちゃんとした格闘技の試合経験がまったくない人間にベルナルドぶつけるなんて。

どこかの辛口コラムに「曙、ボブサップをメインで使ったりその他のマッチメイクを見ても、格闘技オタクがメイクし始めてこんな茶番を見せるK-1になってしまった。谷川プロデューサーでは本当のK-1はスポーツとして確立しない。」と言うような記事を読んだ記憶があるが、今回のマッチメイクを知ってその記事のことを思い出しました。

私は「からくりTV」を見ていてボビーに好感を持ち、応援しています。
パンクラスの菊田早苗の押さえ込みをひっくり返してしまうポテンシャルは、格闘技漫画で主人公がどんどん強くなっていく様を見ているようで、とんでもない事をしてくれそうな期待が膨らみます。

しかし、だからこそK-1や大晦日の大舞台への道程はもっと険しいものにしてほしかった。
前もって、もっと軽い相手でK-1JAPANの試合に出してみるとか、一年間みっちりと正道会館で修行を積むとか・・。


ただの客寄せパンダになってしまうのか・・。それとも、そのナチュラルパワーで世間の度肝をぬくことが出来るか・・。

とにかく決まった以上私は大晦日、ボビーを応援したいと思います。
[PR]

by s-view | 2004-11-28 22:01 | 格闘技

ZERO-ONE崩壊


橋本真也が立ち上げ、社長を務めたプロレス団体「ZERO-ONE」が活動を停止した。

僕は最近まで今のプロレス界で、ドラゴンゲートと並んで勢いのある団体という認識をZERO-ONEにもっていた。
三沢秋山対橋本永田の旗揚げ戦は、全日と新日が長く君臨してきたプロレス界に新しく強力な風を感じた。
しかし・・、プロレス界の時間の流れはこんなにも早いものなのか。

負債を一億円以上抱えての解散。

ずさんな社長業や不倫疑惑等、ダーティーな話が橋本に噂されている。
かつてのアントニオ猪木のように、それをリング上のパワーに昇華出来なかったのは橋本真也の器がそれまでだったと言うことなのか・・・。

社長としての橋本は別にして、レスラー橋本は決して終わっていないなずだ。

どんな形、どこの団体にせよ、早く肩の故障を治して「破壊王」復活を僕は見たい。
[PR]

by s-view | 2004-11-27 09:05 | 格闘技

ZERO-ONE崩壊

橋本真也が立ち上げ、社長を務めたプロレス団体「ZERO-ONE」が活動を停止した。

僕は最近まで今のプロレス界で、ドラゴンゲートと並んで勢いのある団体という認識をZERO-ONEにもっていた。
三沢秋山対橋本永田の旗揚げ戦は、全日と新日が長く君臨してきたプロレス界に新しく強力な風を感じた。
しかし・・、プロレス界の時間の流れはこんなにも早いものなのか。

負債を一億円以上抱えての解散。

ずさんな社長業や不倫疑惑等、ダーティーな話が橋本に噂されている。
かつてのアントニオ猪木のように、それをリング上のパワーに昇華出来なかったのは橋本真也の器がそれまでだったと言うことなのか・・・。

社長としての橋本は別にして、レスラー橋本は決して終わっていないなずだ。

どんな形、どこの団体にせよ、早く肩の故障を治して「破壊王」復活を僕は見たい。

橋本涙…ZERO―ONE解散
[PR]

by s-view | 2004-11-27 00:04 | 格闘技