カテゴリ:プロ野球( 13 )

時短カウントについて考える

 今年もうプロ野球を観戦に行った方はお気づきになっただろうか。
シーズンに入ってから、球場のバックスクリーンなどの電光掲示板に攻守交代や投手交代の時、数字が目立つ位置で大きくカウントされている。
開幕当初から私も気になって調べてみると、試合の時間短縮、交代時のスピードアップ、しいては温暖化防止キャンペーンの一環でプロ野球界全体で今年から試みている事なのだという。

目立つ所で数字がカウントされていく。選手はもちろん観客も目にする。
これはスピードアップの効果は抜群だろう。

細かく説明すると攻守交代は2分15秒以内、投手交代を伴う攻守交代は3分15秒以内、イニング途中の投手交代は2分45秒以内でのプレー再開を目指しているという。
しかし特別これを守らなかったからといってペナルティーは設けていない。

過去にも試合のスピードアップを目指し、様々なことをプロ野球界で取り組んできた。
しかしこれといった効果的なものはなかったが、今回は文字通りの目に見える作戦。
実際今年は平均試合時間が短くなっているらしく、この作戦はひとまず成功と言っていいだろう。

私も少し強引な気はするが、試合自体のスピードアップには大賛成。
ダラダラとした攻守交代を見るよりキビキビとした動きは見ていて気持ちがいい。

しかし・・・。

野球というものは「時間を忘れるスポーツ」だというのが私の持論だ。
逆にサッカー、ラグビーは「時間を受け止めるスポーツ」だと思う。

例えば、一打逆転サヨナラ勝ちの場面で登場する代打の切り札の迫力の素振り。
例えば、9回最後のマウンドに登るリリーフエースの切れのある投球練習。

そんな特別な場面の「間」はこれから起きるであろう凄いプレーを観客達は想像しながら、何とも言えない至高の時間と空間を楽しむひとときなわけで、それを無機質に時間で区切られるのは納得できない。

要するにその時の場面やシュチエーションで臨機応変に対応してほしいということ。
ペナルティーを設けていないのは、そこがわかっているからだと願う。

そんな柔軟な姿勢が今のプロ野球界、特に球界の背広組に求められているのではないだろうか。
[PR]

by s-view | 2008-04-16 19:16 | プロ野球

終わりよければ全てよし。

プロ野球は日本シリーズも終わって今年のシーズンもすべて終了しました。

日本シリーズ第五戦、王手をかけた中日は完全試合目前の山井投手から9回に岩瀬投手を登板させ、見事日本一に。

この落合采配については、まさに賛否両論色々な意見がありますね。僕も色々な人から意見を聞きました。
そして僕の考えとしては・・・、「良いのか悪いのかは解らないけど、勝ったから仕方ない。」というものです。
ハッキリしなくてすいません・・。

滅多に見ることが出来ない完全試合、しかも日本一決定の試合。その瞬間をファンから奪ったという意見も正解だと思うし、日本一になるために最善の作戦だと言うのも正解だと思います。
そして何よりも中日は日本一になったのですから、「勝てば官軍」なのではないでしょうか。

しかし53年ぶりの日本一と喜ぶ中日ですが、セリーグでは2位なんですよね。


すべて終わってみて思うのは、とにかく最後に勝ったチームが一番。ということです。

今、優勝した巨人より中日のほうがイメージ的に上ですもんね。
これでなんとなくクライマックスシリーズを含めた位置関係が解ってきた気がしました。
[PR]

by s-view | 2007-11-04 01:17 | プロ野球

ヒルマンの人間性

日本ハムのトレイ・ヒルマン監督がカンザスシティーでロイヤルズ監督就任会見を行った。

「日本の野球はメジャーに一つも劣らない。」
「日本ハムは私の誇り。」
などと日本向けのリップサービスもあったようだが、このタイミングに就任会見とは、いかがなものだろうか。

このタイミングとはもちろん、日本プロ野球界最高峰の日本シリーズを4日後に控えていたタイミングという意味である。
クライマックスという中途半端なシステムのお陰で日本シリーズの価値は下がってしまったのかしれないが、それでも1年を締めくくる、日本では特別な戦いのはずである。
その直前にチームをほったらかしてアメリカに帰国し、来年の監督就任会見とは・・・。
日程の調整で仕方なかったのだろうか。

しかし、その会見そのものより私が違和感を抱いたのは、ヒルマンが笑顔でロイヤルズのユニフォームに袖を通していたことである。

あなたはまだ日本ハムファイターズの監督ではないんですか?

まず日本人監督ではこのタイミングでは考えられない光景だと思う。

日本の野球は素晴らしいとか口では言っておきながら、自らのその行動が一番日本野球界を蔑んでいるのではないだろうか。

そしてヒルマンはロイヤルズのユニフォーム姿でこう言って会見を締めくくったそうだ。
「すでに私の体にはロイヤル・ブルーの血が流れている」

これは私が大好きなフレーズだ。
実際に私も「僕の体にはレボリューション・ホークスイエローの血が・・・」という言葉を何度も口にした。ホークスを本当に愛していると自信があるから使えるフレーズ。私はそう思う。
それをまだ他のチームの監督が軽々しく口にするとは・・・。

このフレーズを軽々しく言ってしまう人間性の監督が、また日本ハムのユニフォームで腰掛程度に日本シリーズを戦う。

私は今年の日本シリーズは野球ファンとして純粋に楽しもうと思ってきたが、絶対に中日ドラゴンズに勝ってほしくなった。もちろん圧勝で。

それがロイヤルブルーの血が流れるヒルマンに蔑まれた日本球界にとって最善のことであり、日本プロ野球の素晴らしさを解ってもらう方法だと思うから。
[PR]

by s-view | 2007-10-24 22:57 | プロ野球

CS初年度が終わって

クライマックスシリーズ、セリーグは中日が巨人を下し2年連続の日本シリーズの切符を手にした。

世の中とはつくづく上手く行かないものだと思う。

僕の偏見も入っているかもしれないが、このクライマックス導入に関してずっと見てきて、巨人渡辺会長、オリックス宮内オーナーの「レギュラーシーズンで勝てなくとも、どうにか日本シリーズに行きたい」という幼稚な思いから生まれた、捻じ曲がったプレーオフ制度という気が当初からしてならなかった。まぁそれだけではないと思うが、的外れでもないと思う。

それは巨人のバックに控えるテレビ局も思惑は一緒であり、今年からプレーオフ制スタート。
しかし秋にクライマックスを控え、レギュラーシーズンへの興味は半減。
結果、巨人戦のテレビ視聴率は伸びず。
優勝の瞬間を生中継出来ないという前代未聞の状態になってしまった。

それどころか優勝はしたものの、クライマックスに完敗。日本シリーズは行けないという結果になり、その敗戦は優勝時とうって変わって全国に生中継されることとなった。

巨人の思惑の裏へ裏へと向かってしまった初年度のクライマックスシリーズだったように思う。

さて来年・・・。

まさかいきなり廃止というほどナベツネさんも自分勝手ではないと思うが、なんらかの修正は言い出してくると思う。

過去にホークスファンが味わった悔しさを、今ナベツネさんは味わっているだろうか。
[PR]

by s-view | 2007-10-21 00:27 | プロ野球

日本ハム優勝によせて

今日日本ハムの優勝が決まりました。

日本ハムファンのみなさん、おめでとうございました。

一言、強かった・・。

遅いかもしれないけど、9月に入ってからの鷹との直接対決を見ていて、チーム力の違いがこんなにもあるんだと思い知らされました。
一人一人のスキルなら鷹の方が数段上。それは数字に表れていました。
しかし、試合の中での選手達のモチベーション、意識の持ち方は日本ハムが数段上でした。

次の塁を狙う姿勢、次の塁を渡さない気持ち。

今の鷹には無いものを確かに日本ハムは持っています。
ヒルマン監督や森本選手の人間性は好きになれないけど、パリーグ優勝に相応しい素晴らしいチームだと思います。

そしてファン・・。
お互いの本拠地最後の三連戦、計6試合を見ていて、そしてヤフードームに実際に行って思ったこと。それはヤフードームより札幌ドームのファンのほうが人数も想いも上だという事でした。

世界一のファンを自認する両チームのファンですが、今はその言葉が相応しいのは札幌ドームのファンだと思います。
99年、00年、そして05年のプレーオフの時のような熱さは、残念ですけどヤフードームにはありませんでした。あの頃が懐かしい・・。

今年はチームもファンも全てにおいて日本ハムの方が鷹より優っていたということですね。

しかし・・、しかしまだ終わっていませんよ。
クライマックスというリベンジのチャンスは残されています。
今のチーム力を考えれば厳しい戦いになるでしょう。
でも王監督を胴上げするため・・、僕も一生懸命鷹を応援したいと思います。
[PR]

by s-view | 2007-09-30 00:40 | プロ野球

クライマックスシリーズって何?

プロ野球が今、熱いです。

セリーグは一日、一試合で首位が変わる稀にみる大混戦。
パリーグも決め手を欠く上位3チームの勝ったり負けたりのデッドヒート。

文字どおりクライマックスに向けて毎日、熱い戦いが続いています。

そんな中で、あるヒーローインタビューを受ける選手が言いました。
「絶対に1位で通過します!!」
1位で通過・・・、通過?

そして別のチームの監督が試合前のインタビューで言いました。
「ここまで来たら、ぜひ1位でクライマックスに臨みたい。」
1位で臨みたい・・・?

おいおい、なんかよく解らんぞ・・・。


これを見てくださる方々はご存知のとおり、僕は根っからの鷹のぼせ。
昨年までプレーオフでは、毎年辛い思いをしてきました。
2004年、2005年は1位でレギュラーシーズンを終了しても
嬉しい気持ちなどほとんど無いに等しく、プレーオフの事ばかり考えていました。

でも今年からレギュラーシーズンの1位がリーグ優勝なんですよね?
昨年までは「1位通過」でしたけど、今年はそこで一応「優勝」なんですよね?

でもこれって、選手もファンもどうやって気持ち、想いを持って行ったらいいんでしょう?
上記のようにチームや選手個人でも想いが少しづつ違ってるように思います。

もちろん1位になってリーグ優勝して、クライマックスで勝って、
日本シリーズに勝って日本一になるのが一番良いに決まってますけどね。

例えばリーグ優勝とクライマックスのリーグ覇者はどっちが偉いのでしょう。

はっきり言って2004年も2005年も1位になったのに
ホークスの事を誰も評価していませんよね。

これが今年はリーグ1位で「偉いよ凄いよ」って言ってもらえるのか、って話ですよ。
僕はどの時点で泣いたらいいかって話ですよ!?
いや、気持ちの問題としてね・・・。

メジャーなどは地区優勝ってあまり評価されていませんよね。
もっと言えばワイルドカードでもリーグ代表でワールドシリーズに行った方が上でしょ?

そういう位置づけをしっかりしてほしいんですよ。
なんか中途半端すぎる。

プレーオフからクライマックスへ。
こんな半端な制度はますますコアなファンを少なくするような気がします。

前田日明の言葉を借りれば、
「チャンピオンは二人いらん。誰が一番強いか決めたらええねん。」

それを決める方法、ルールの設備をしっかりしてもらいたいです。
[PR]

by s-view | 2007-09-24 00:02 | プロ野球

野球復活の日

Excite エキサイト :王ジャパン世界一 10-6でキューバ降す

色々言いたいことはあるけど、それは明日以降、気持ちと言葉を整理してからにします。

今は言えるのはこれだけ・・・。






「やっぱり野球って・・・、とってもとっても素晴らしい!!」





おめでとう、王ジャパン。
[PR]

by s-view | 2006-03-21 17:38 | プロ野球

これがベースボールですか?

Excite エキサイト : WBC日本が米国にサヨナラ負け

今回のワールドベースボールクラシック、始まる前から
様々な憶測が飛び交っていましたね。

ただのMBLの金儲けだとか、アメリカのアメリカによるアメリカだけの為の大会だとか・・・。

でも僕は世界の全ての一流選手が一つの大会に出る、サッカーのワールドカップのような大会になっていくことを信じて期待をしていました。

しかし・・・。

今日、野球にナショナリズムを求めることは辞めることにしました。

こんな恥も外聞もないやり方が通じてしまう、
こんなスポーツ大会に何の魅力も感じません。

そして自分達が主役であれば何をしてもいいようなアメリカのやり方・・・。
こんなインチキしなければ日本に勝てないメジャー選手への幻想も消え失せました。

もう、とにかく早く日本チームには帰ってきて欲しい。

そしてプロ野球開幕の準備をしてほしい。
ただそれだけです。

ジョーも早く帰ってくればいいのに。
あなたが求めるものは、もうメジャーには無いかもしれませんよ。
[PR]

by s-view | 2006-03-13 22:17 | プロ野球

さよなら名マジシャン

Excite エキサイト :オリックス前監督・仰木彬氏が急死

オリックス前監督の仰木彬さんが死去しました。

シーズン終了から二ヶ月しか経っていない突然のことに
本当にビックリしました。

今年のシーズン終盤の試合中、ベンチから突然いなくなったりする事
があったけど、相当体調が悪かったんでしょうね。

「10・19」、「がんばろう神戸」・・・。
パリーグの盛り上がりの影にはいつもこの名マジシャンがいました。
仰木マジックは自分のチームだけではなく、
パリーグにもかけていたように思います。

サングラスのユニフォーム姿が本当にカッコよかった。

さよなら三原魔術を後継した名マジシャン。
心よりご冥福をお祈りいたします。
[PR]

by s-view | 2005-12-16 22:31 | プロ野球

もしもの松井の代役は・・・。

Excite エキサイト : 王ジャパンにイチローら 来年3月の野球WBC

WBC日本代表、発表されましたね。

まぁ予想どおりのメンバーですけど、ワクワクする顔ぶれです。

ただ残念なのはやっぱりジョーがいない事。

ものすごく簡単に言えば今のリアルジャパンは
イチローが走って、松井が打って、松坂が投げて、
ジョーが受けるって感じですよね。

だから松井には絶対出てもらいたいなぁ。

あっ、それと日本最強のムードメーカー、SHINJOも
連れてったほうが良かったんじゃないですかね(笑)。

もし松井が出ない時はゴジラの被り物して
SHINJOに登場してもらいたいです。
彼にジャパンの四番任せても
それなりに仕事しそうな雰囲気はありますよ!!
結構いいアイデアじゃない?マジで。
[PR]

by s-view | 2005-12-09 23:17 | プロ野球