GWヤフードーム観戦記・その2

昨日のホークス快勝で気持ちよく目覚めたヤフードーム観戦2日目。

恒例の朝の散歩も済ませて、いざドームへ。
昨日は博多到着の時間が遅かったので楽しめなかった試合前の雰囲気も、今日はゆっくりと堪能出来ます。
売店で小久保弁当とビールを買って自分の席に。

b0050708_23105944.jpg


当たり前ですけど、ホームスタジアムって選手にとってもファンにとっても良いものですよね。
ハリーたちが飛び跳ね、ハニーズが踊り、マックスが絶叫する・・・。

すべてがホークスとホークスファンの為のもので、こっちはそれだけで気持ちが高揚してきます。
そりゃヤフードームでホークスが強いわけですよね。

さて試合です。
今日も一昨日、昨日の良い雰囲気で・・・、と思っていたら先発和田くんの調子がイマイチ。
三回を終わって0-3とオリックスにリードされてしまいます。
たしかにこの時はちょっと嫌な雰囲気が漂いました。
さすがに今日はダメかぁ~、みたいな。

しかし好調ホークス打線は3点のビハインドなど、きっかけさえあれば問題ありません。
そのきっかけは長谷川のタイムリーヒット。

そして今日のクライマックスは突然やってきました・・・。

5回、松中が試合後のインタビューで今年一番の手応えと言い切る特大ホームラン!!
相当手応えあったんでしょうね、打った瞬間にバット持ったままボールの行方も気にせずベンチに向かってガッツポーズしてましたもん。
一気に盛り上がるドーム内。
b0050708_23143159.jpg


そして、まだ松中のホームランの余韻漂う中、打席には小久保。
そしてその初球はおもいっきり高めの球を空振り。
あ~これは狙ってるね~、とドーム内の全てのファンが思った次の球でした。

振り抜かれたバットから飛び出した打球は小久保特有のキレイな放物線を描いてバックスクリーンに消えていきました・・・。

一瞬の静寂・・・。
そしてヤフードーム大爆発ですよ!!
MK砲の連弾ですよ!!

これまで30数回のアベック弾を打ってきた強打者コンビですけど、ヤフードームでは初の連弾らしいです。
また一つホークスの記念すべきシーンに立ち会えて嬉しいです。

そしてこんなスゴイ場面が飛び出して、もうホークスが負けるわけありません。

和田くんの後は小椋、久米と繋いで7-3でゲームセット。

ホークス開幕以来の同一カード3連勝です!!

昨日に続いてヒーローインタビューはMK揃い踏み。
b0050708_23491733.jpg


いや~、最高ですね、こんなスゴイ2試合が見られるなんて。
興奮して熱くなった体に、ドームの屋根が開いて吹いてくる爽やかな風がとても気持ちよかったです。

今回もまたこの言葉に全て集約されますね。
「これだから鷹のぼせは辞められない!!」

そしてこの後どんたくでも楽しい事があったのですが、それはまた違う機会に。

b0050708_2354276.jpg

[PR]

by S-view | 2008-05-13 23:59 | 福岡ソフトバンクホークス

<< さよなら僕の青春 GWヤフードーム観戦記・その1 >>