4/5・千葉マリン観戦記

b0050708_16151727.jpg

週末、千葉マリンスタジアムにホークスの応援に行ってきました。

まだ肌寒さも残るこの時期、千葉マリン特有の強風もあり寒さを覚悟しましたが、思った以上の晴天。球場全体を強い日差しが照りつけます。

少し風もあるけど、ポカポカして気持ちいいなぁ~。
とホークスのバッティング練習を見ながらゆっくりとした土曜の午後を楽しんでいると睡魔が襲ってきます。。。
しかし、そんな睡魔を吹き飛ばしてくれたのは黄金ルーキー大場くん。
プロ初先発で無四球完封をやってのけた右腕は、この日も最初からエンジン全開。
前日の今期ワーストと言っていい嫌な負け方を忘れさせてくれる奪三振の山。

「なんだか数えてないけど、ロッテは三振ばっかりだぞ。おい。」

小気味いい大場くんのビッチングに睡魔なんて完全にどこかに行ってしまいました。
本当に彼のストレート主体のピッチングって見ていて気持ちがいいんですよね。

ハートにズドーン!!と来るんですよ。シビれる投球とはまさにこのこと。

そんなルーキーを松中が援護。
苦手のロッテ成瀬から、猛打賞で3打点をあげる四番の仕事。

結局、またも無四球、奪三振16、完封で背番号17対決を制した大場くん。

圧巻のピッチングでした。

こんなにハートにビンビンくる投手はカズミ以来かも・・。


前回観戦した3/29西武、そして3/16の横浜と私が観戦すると打ち込まれてしまっていた大場くんですが、今回は凄かった・・。
ローテからいって、今年は大場くんが先発する日に観戦することが多くなりそうですが、また今日のようなハートにビンビンくるピッチングを見せてほしいです。

そしてヒーローインタビューの後、千葉マリンの三塁側フィールドシートの皆さんと順番にハイタッチ。
ひとりヤフードーム状態(笑)。カッコいいっす。
これからもどこで勝っても続けてね大場くん。



b0050708_21584159.jpg

[PR]

by s-view | 2008-04-06 23:11 | 福岡ソフトバンクホークス

<< 時短カウントについて考える 最高のスタート >>